雲のやすらぎとモットンは最強のライバル同士?そのわけとは

「雲のやすらぎプレミアム」(以下、雲のやすらぎと表記)には腰痛対策マットレス「モットン」というライバルがいるのを知っていますか?どちらを選ぶべきか比較しました。


つらい腰痛をなんとかしたい!

そんなときに腰痛持ちがマットレスを選ぶ際、ある2つのマットレスで迷う

ことが多々あります。

それは…

「雲のやすらぎ」

「モットン」

というマットレスです。

どちらも腰痛改善に求められる高度な体圧分散性、高度な反発力が備わっており、腰痛対策マットレスの筆頭と言えます。

いったいどちらを選ぶべき?

どちらを選んでも間違いはないと思われますが、購入となると高いお金を払うわけですから、より自分に合ったものの方がいいのは当然です。

それぞれ比べてみたいと思います。

1. 厚みは?

「雲のやすらぎ」

17cm

「モットン」

10cm

2016年以降、「モットン」がバージョンアップして厚みが8cmから10cmに増えたものの、やはり「雲のやすらぎ」の17cmは圧倒的ですね。

体を包み込むような寝心地の良さ、リラックス、疲労の回復という点では、「雲のやすらぎ」が優勢のようです。

ただ、厚みが抑えられている分「収納」という面では「モットン」の方がややコンパクトにできるというメリットがあります。

2. サイズは?

「雲のやすらぎ」

シングルサイズ
長さ:200cm , 幅:100cm , 重さ:7.0kg

セミダブルサイズ
長さ:200cm , 幅:120cm , 重さ:8.4kg

ダブルサイズ
長さ:200cm , 幅:140cm , 重さ : 9.8kg

「モットン」

シングルサイズ
長さ:195cm , 幅: 97cm , 重さ:7.5kg

セミダブルサイズ
長さ:195cm , 幅:120cm , 重さ:9.0kg

ダブルサイズ
長さ:195cm , 幅:140cm , 重さ :10.7kg

長さ、幅に関しては、あまり大きな差はありませんが、「雲のやすらぎ」の方がややゆったりサイズのようです。

また、「モットン」がバージョンアップする前までは、重さが「雲のやすらぎ」の半分程度で持ち運びのしやすさで優勢だったのですが、2016年以降、厚みもUPした分重さもUPしてしまいました。

そのため、重さの差はなくなり、むしろ「モットン」の方が「雲のやすらぎ」よりを少し重いというかたちとなりました。

耐久性は?

「雲のやすらぎ」

口コミによっては体を包み込む分、中央部分が凹みやすい、すぐヘタるというような意見も多くありましたが、

「雲のやすらぎ」は2016年8月~「雲のやすらぎプレミアム」に完全リニューアルしており、中心部の素材に独自開発の高反発ウレタンフォームを使用するようになりました。

この素材は8万回の繰り返し圧迫試験で0.1%しか厚さが低下しなかったという脅威的な数字を叩き出したのです。これは※計算上約11年使用しても0.1%しか厚さが変わらないということになります。


※一回の寝返りによりマットレスは圧縮されるとして、1日の理想的な寝返り回数はおよそ20回と言われていますので、計算すると

20(回)×365(日)=7,300(回)
7,300(回)×11(年)=80,300(回)

となります。耐久試験の回数が80,000回ですので、約11年経ってもほぼ厚みが変わらないということになります。


さらに耐久性の高さを裏付ける要素として素材の密度に関しても35D(Kg/㎥)という表記があります。

通常30D以上あればマットレスとしてはかなり耐久性が高いとされていますので、耐久性の高さはこの密度表記よってさらに信憑性が高いものだと判断できます。

「モットン」

耐久試験を8万回も行った結果、木綿や低反発ウレタン等その他の素材では歪み率が約30~40%だったのに対し、モットンでは4%未満ということが証明されています。

こちらも耐久試験の回数は同じであるため計算上11年使っても4%も歪まないということになるので耐久性は文句なしのようです。

また、「モットン」も素材の密度表記があります。数値はこちらも30Dを超えていますので、かなり優秀な素材であることがわかります。

4. 体の痛みの改善は?

「雲のやすらぎ」

独自のクロスクラウド製法により、体圧分散に優れ、どの姿勢で寝ても正しい背骨の形状を保つことができます。

それに加え、持ち前の包み込む感じで日々の仕事での疲労やストレスの蓄積による腰痛、または肩こりやふくらはぎの疲れなど、全身の疲労の軽減する効果が期待できます。

「モットン」

このマットレスの特徴は寝返りのしやすさです。

慢性的な腰痛の原因の1つとして、寝返りの減少があげられます。寝返りが減少すると寝具と接している割合が大きい腰の血流が滞ってしまい筋肉の硬直を起こしてしまうのです。

モットンの場合、一晩の寝返り回数が20回前後と最も腰に負担がかからない理想的な回数が維持でき、体を休めることができるので、長年悩まされている慢性的な腰痛の改善に効果が期待できるのです。

また、「モットン」の最大の特徴として、100N140N170Nの3種類から自分の体重に合った硬さを選ぶことができます。

これにより、体重が軽い女性からがっちり体型のアスリートまで幅広く最も適した腰痛改善効果を得ることができるのです。

5. 製造国は?

「雲のやすらぎ」

安心の日本製

「モットン」

ちょっと不安な中国製

6. 価格は?

「雲のやすらぎ」

シングルサイズ: 39,800円
セミダブルサイズ:49,800円
ダブルサイズ: 59,800円

「モットン」

シングルサイズ: 39,800円
セミダブルサイズ:49,800円
ダブルサイズ: 59,800円

お互い価格は全く同じでかなりのコストパフォーマンスのようです。

ただ、どちらも公式販売サイトでのお値段となりますのでご注意下さい。

主な特徴を比較してみましたが、

やはりどちらとも譲らずといった感じです。あとは、好みや目的に応じて選ぶことになるでしょう。

目的別にまとめると、

・寝心地の良さを追求する場合は「雲のやすらぎ」

・仕事など、その日その日の疲労、ストレスによる全身の張りを和らげたい場合は「雲のやすらぎ」

・日本製にこだわりたい場合は「雲のやすらぎ」

・とにかく長年の慢性的なつらい腰痛を特に改善したい場合「モットン」

・出来るだけコンパクトに収納できる方がいい場合「モットン」

このように目的に応じて、合ったものを選んでみてはいかがでしょうか?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です